2014年05月14日

岡山のYです。関東方面へ行ってきました。

岡山のYです。
大変ご無沙汰しています。

このゴールデンウィークに東京に行ってきたので、報告します。

今回訪れたのは、東京都美術館東京都現代美術館メゾン・ド・エルメス
森美術館スパイラルエスパス・ルイヴィトン東京オペラシティーワタリウムの8か所です。

千葉県市原市で行われていた「いちはらアートミックス」も候補に挙がったのですが、都内で他にも見たいものがあったため時間が取れませんでした。Mさんの報告が楽しみです。

バルテュス、ウォホールなどビッグネームの展覧会が多い中、
今回の一番は、やはり東京都現代美術館の「驚くべきリアル〜スペイン・ラテンアメリカの現代アート」と「フラグメント」でした。

Unknown.jpeg

前者は、スペインのカスティーリャ・イ・レオン現代美術館との共催、日本ではまだ無名に近い若手作家の作品が多かったのですが、タイトル通り、切実なリアリティーが感じられるスペインならではの展示に引き付けられました。
同時開催の「フラグメント」も日本の30代の若手作家の作品が殆どで、作品の繊細さ、発想の奇抜さに目を奪われました。

同館のチーフキュレーターである長谷川祐子は著作のなかで、
「現代美術館は、現実社会や日常に揺さぶりをかける場である。実際の施設や制度のなかに現実に存在しながら、人々を現実から運び去るのである」と語っています。

まさに、その言葉どおりの空間がそこにはありました。

Unknown-1.jpeg

今回最後に訪れたのは、東京オペラシティーギャラリー
ここで開催されていたのが、「石川コレクション」展です。

Unknown-2.jpeg

石川さんとは、岡山に本社を置くアパレルメーカーK社の社長のこと。
プライベートコレクションならではの拘りのある内容でしたが、残念ながら運び去られ感は、
少なかったです。彼は、数年後に、岡山市内に現代美術館を作ると公言しています。
どんな美術館になるのか、その展示がどんな感覚を我々に与えてくれるのか、今から楽しみです。

実は今回の東京行き、もう一つ大きな楽しみがあったのです。

毎年GWに開催されている音楽イベント「ラ・フォル・ジュルネ」です。
有楽町の国際フォーラムがメイン会場で、3日間昼夜なくクラシック(現代音楽含む)コンサートが、
開催されるという内容で、全部で6つの公演を堪能しました。

Unknown-3.jpeg

会場の外で催される無料コンサートに加え、洒落た屋台も数多く出店するなど、会場一体が、
祝祭ムードに彩られ、ここでも日常では味わえない、運び去られ感に酔いしれることが出来ました。

今年も、横浜トリエンナーレ、初開催の札幌国際芸術祭と行きたいアートイベントが盛りだくさん。
また、報告したいと思います。


posted by アートみて歩き at 17:43| Comment(0) | 岡山在住のYの見て歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: