2014年03月11日

関西6つの芸術系大学の卒業展を観覧。


お久しぶりです、Sです。
Mさんの「2013年アートみて歩き総括編を書こう!」の提案に
相づちを打っておきながら実現せぬまま、
あれよあれよともう2014年3月になってしまいました。

頷いたことは、とっとと忘れて、今回は、「京都5芸術大学+大阪芸大卒展みて歩き」です。
2月は、卒業制作展まっさかり。
入場料も必要ないですし、若い作家たちの熱い思いがバンバン伝わってくる卒業制作展は、ちょっとした穴場と思います。

膨大な作品のほんの数点なのですが、雰囲気が伝わったらうれしいです。
開催順にご報告しましょう。


1.jpg

「成安造形大学」卒業制作展・新旧制作展。
(京都市美術館にて)


    R0159797.jpg

    人の鼓動に合わせて動機するソフトが組み込まれている作品。


    R0159843.jpg

    ジョージシーガル?って思いましたが、京都市立美術館の長い壁面にうまくはまっていました。


    R0159827.jpg

    アニメ・マンガ・イラストの作品群はどの学校も元気がよかったです。


    R0159816.jpg

    そんな中、背景画に目がいきました。巧い!
    楽しいんだろうなあ、絵の内容に関係なく、ビンビン作家の気持ちが伝わってきました。

 
       ●



2.jpg

「京都嵯峨芸術大学」制作展
(京都市美術館にて)


    R0165240.jpg

    数ある作品を観た中で、まだ心に残っているのが、この作品。
    遠くから段々近寄っていく中で、いろいろ頭で考えるのです。
    「京美の床に描いて良いの?」
    「いや待てよ」
    「え?これって・・・・」

    R0165239.jpg

    作品と本物の床の境目が巧妙でなかなか分かりませんでした。
    何分かして、作品全体にやっと向かい合うことができたとき、「恐れ入りました」と頭を下げました。


    R0165262.jpg

    白無垢に京都の四季の情景が次々と映し出されるこのアイディアに脱帽。
   素敵な作品でした。


    R0165284.jpg

    卒展では、よくゼミごとに合評をされているシーンに出会います。
    さりげなくその模様を聞けば、作家の作品意図や先生の評価が聞けます。


          ●


3JPG.jpg

「京都市立芸術大学」作品展
(京都市美術館にて)


    R0165657.jpg

    お!どこかで観たような作品。
    同じことを考える人が世の中にはいっぱいいるものです。


    R0165679.jpg

    陶でありながら、布のしわがよった感じ、縄の質感が見事に表されていました。


    R0165667.jpg

    発電機を作って何やら考えている学生。
    私も質問したかったけど、作家のまわりにはいつも難しい討論があって、
    結局何も聞けませんでした。


    R0165699.jpg

    R0165704.jpg

    日本画模写の学生さんの作品に力作が揃っていました。
    地味なお仕事ですが、必要な仕事です。
    がんばって、と応援を送りたくなりました。


          ●


4.jpg

「京都精華大学」卒業・終了制作
(京都市美術館にて)

    R0165845.jpg


    R0165858.jpg

    一人で何十種類もの本の装丁をした作品を古い机に展示。
    なかなかのテクニシャン、と思っていたら、作家は小説家を目指しているといいます。
    デザイナーとしても充分やっていけるのになあ。

    印象に残るのは、版画科。
    卒業展と同じ時期に行う個展やグループ展は、攻めの姿勢が感じられました。
    いくら時間があっても足りないっていうところでしょうか。


    R0165831.jpg

    今回、精華大学の卒業展、とてもおもしろかったです。
    勢いというか、元気がありました。


           ●



5.jpg

「京都造形芸術大学」卒業展・大学院修了展
(京都造形大学校舎にて)

    京都造形大は、自校の敷地内にて卒制を展開。
    さまざまな可能性と、伸びやかさがありました。


    R0165948.jpg

    R0166037.jpg

    どこかで観たような作品に出会ったとしても、無視できないのは、作品に込められた思想です。
    何度も重ねていく修作の向こうに思考も確立されていくはずです。


    R0166088.jpg

    校内に数え切れないホワイトキューブのギャラリーがあるってうらやましいです。


    R0166111.jpg

    ただただ、きれいな作品でした。

        ●


6.jpg

「大阪芸術大学」卒業制作展
(大阪芸術大学校舎にて)


    R0165785.jpg

    大阪芸大も自校の校舎を使っての卒業制作展でした。
    言ってみれば、どこもがギャラリー、どこもが表現の場所になり得るのです。


    R0165787.jpg

    写真科のポスターが、面白く・・・・。


    R0165752.jpg

    作家の数だけおもしろい作品とストーリーがありました。



6つの美大・芸大をまわることは、相当のエネルギーを要しました。
しかし、それ以上に楽しい発見や、時代の流れを感じることもできました。
若者は、とにかくのたうち回っています。
完成されていないから、勢いがあるとも言えるのかも知れませんが。

思わずツッコミたくなる作品も多々ありました。
でもそういう時期があったからこそ、その先がある。
のたうち回りながらも前進するこの時期のパワーはすごいと思います。
のたうち回っていない作品は、論外です。

今回は、ちょっと上から目線が鼻についたらごめんなさい。
でも総体的に楽しいのですよ、卒業制作展というのは!!!
この中から、自分が目を付けた作家が大きく成長していくのをみていく醍醐味もあり。
ぜひ来年は、卒業展をのぞきに行きませんか?







posted by アートみて歩き at 16:47| Comment(0) | 木津川市在住Sの見て歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: