2013年12月06日

龍野アートプロジェクト2013

岡山のYです。

11月23日、兵庫県龍野市で開催されていた
龍野アートプロジェクト2013「刻(とき)の記憶」に行って来ました。

龍野は岡山から高速を使うと1時間足らず。神戸、大阪方面に行く時は
必ず通る街ですが、インターを降りて訪れたのは初めてです。

街はずれの無料駐車場に車を止め、揖保川にかかる橋を渡ると
朝10時にもかかわらず街がとても賑やか。アートでこんなに人が集まるとは…。
実は、一帯でオータムフェスティバルが同時開催されていたのでした。

Unknown.jpeg

アートのメイン会場は、ヒガシマル醤油の古い工場や事務所など。
荒れる一方だった廃工場を地元の人達が協力しあって再生し、2011年から
スタートとしたこのイベントの会場として活用しているそうです。

Unknown-2.jpeg

照明のない木造の仕込み蔵を活かした空間のなかに、光を発する作品や映像作品が
数多く展示してあります。時を刻んだ歴史のある建物の中に置かれた現代アートが
ひときわ際立っており、その組み合わせの妙に興じることができました。

そんな中、今回印象に強く残った作品は聚遠亭(しゅうえんてい)という建物を
使った展示です。建物は、街の背後の丘陵地にある庭園の中にあり、写真のとおり
周りには見事な紅葉が広がっていました。

Unknown-3.jpeg

これが、地元兵庫県出身の作家、東原智裕の作品「視界」です。

Unknown-4.jpeg

部屋に入るとまず、揖保川で拾ってきた流木と樹脂で製作したうさぎの頭部を合体
させた作品が現れます。ここで、作家本人からじっくりと作品の解説を聞くことが出
来ました。元々エッチングからスタートとした人のようで、作品を見てすぐ版画が立
体化したような印象を持ったので、思わず納得しました。
素晴らしく繊細で、気の遠くなるような緻密な作業の跡がうかがわれます。

Unknown-5.jpeg

写真ではわかりにくいですが、どの動物も左右で顔の表情が違います。
片方は、若く張りがあり、もう片方は、年老いて皮膚はたるみ、写真のウサギに
至っては朽ち果ててしまっています。

Unknown-6.jpeg

作者は、「作品と正対する人の意識に静かに働きかけ、生と死の狭間や境界、心や魂の
ような異質の存在を感じることのできる作品を作りたい」と語っています。
私自身50才を過ぎ、死が少しずつ身近になっていると感じる今日この頃。
とても感慨深い気持ちになりました。

全会場見終えて駐車場へ向かう途中、民家の壁に「死の存在が、生を輝かせる」という
ような意味の詩篇の一部のような張り紙を見つけました。(写真取り忘れました)
まだまだ、見たいアート、行きたい美術館は数知れず。今回のように心に響くアートとの
出会いを求めて、どこへでも出かけていきたい。
大袈裟ですが、そんな気持ちになりました。


「龍野アートプロジェクト−刻の記憶−」公式ホームページ(会期終了)


posted by アートみて歩き at 14:21| Comment(0) | 岡山在住Mの見て歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: