2015年08月20日

「天若湖アートプロジェクト」

Sです、こんにちわ。

8月もアート祭が目白押しですが、
この天若湖アートプロジェクト「あかりがつなぐ記憶」はお勧めです。

お伝えしましょう。


ダム建設に伴い、京都府日吉町の5つの集落が水没しました。
新しい水面である天若湖と、地域の歴史と人を繋ぐ手段として、
風景とアートの力が、このプロジェクトを創り上げました。
今年で10年になります。

輪音プロジェクトさん企画の「バスツアー」に参加し、今年も見学することができました。

R0238942.JPG

まず訪れたのは、日吉町郷土資料館。
茅葺きの家2軒が、そのままに保存されています。
かつての村の風景、人々の暮らしの記録も残っています。


R0149912.JPG

その後、「スプリングひよし」に戻り、陽が落ちるまで待機します。
この「スプリングひよし」は、ダム建設に伴いできたアメニティ施設です。
温泉、プール、体育館、レストラン、道の駅が、近代的な建物に集約されています。

不便な山奥にあって、いっぱいの町民や観光客が利用していました。


R0238954.JPG

天若湖アートプロジェクト実行委員長さとうひさゑさんが、ツアーのみなさんをお出迎え。
京都造形芸術大学環境デザイン学科の下村先生もいらっしゃいました。

このさとうさんの解説、案内が、ツアーの良いところで、
プロジェクトの目指すところや、この村の歴史を丁寧に語ってくださり、
大きな意味に気づくのです。


IMG_6973.JPG

日吉町で作られたワインに、
「あかりがつなぐ記憶」というタイトルと、参加アーティストの絵がラベルがついて、
オリジナル商品に。

「売り上げの20%が、このプロジェクトの資金になる」と聞いて、さっそく購入。


R0238958.JPG

さあ、夕陽が落ちたら出発です。


R0238947.JPG

これは、ダムの湖面ですが、出発時には真っ暗で、これより先は撮影不能。
ということで、言葉で説明します。

バスで10分ちょっと登り、さらに下車してからは湖面を間近に見られるところまで15分ほど歩きます。
舗装はされていますが、明かり一つない道は、大勢で歩けばこわくないものの、
やはり非日常の世界、気をつけながら歩きます。

道を誤らないよう、両端に電池ろうそくが灯籠のように並んで置いてあります。
これもスタッフ(アートプランまぜまぜ、桂川流域ネットワーク、京都造形大、摂南大学の2,3回生、
その他さまざまな団体やボランティアの人々)の活躍でしょう。

やっと着いた広場から見た景色は、
湖面に点る微かな灯り・・・・・。

ダムに沈む前の民家のあった場所をGPSで計測し、
その場所に明かりを置いていくことにより、
昔の村々の夜景が蘇る、という壮大でなおかつ静かなプロジェクト。

いろいろな社会の成り立ちや歴史を振り返る企画として、実にすばらしい。
そして、とても大変な準備が伴うことも、さとうさんの説明で知るのでした。


11538146_1054773331217227_2884779533106577888_o.jpg
(輪音FBより)

とても地味ながら、10年続けてこられたパワーに拍手です。
「また来年続けることができるかわかりません。」というさとうさんの中に、
しかし確たる強い意志が感じられ、
一人でも多くの人に知ってもらいたいアートプロジェクトだと思いました。

来年、「天若湖アートプロジェクト」で検索・参加してください。
posted by アートみて歩き at 13:22| Comment(0) | Sのみて歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: