2015年08月07日

【Euroart Open Studio 2015】(2)

【Euroart Open Studio 2015】(2)

「次はどんな作品だろう?」
一つ一つのスタジオを回るそうした楽しみはいつか、
「どんな作家さんが、こういうところで制作をしているのだろう?」という興味に変わっていきました。

では、カメラを向けたら笑顔で対応してくださったみなさんの写真を紹介します。

R0237296.JPG

木版画の作家さん。


IMG_4867.JPG

陶芸作家さん。この小さなスタジオの中、実際窯で焼いています。


R0237370.JPG

デザイナーの仕事場のような机周り。


R0237373.JPG

アニメーション作家。最近も賞を獲るなど実力者。熱心に作品の説明をしてくれました。
木津川アートに来てくれないかなあ。とっても魅力的な作品でした。


R0237387.JPG

作品をオークションで落としたいなあ、と思った作家さん。
作品もですが、この部屋そのものが遊び心にあふれていて、作家さんに一番に興味をもちました。


IMG_4930.JPG

作品をオークションで落としたいなあ、と思った作家さん。
作品もですが、この部屋そのものが遊び心にあふれていて、作家さんに一番に興味をもちました。


R0237428.JPG

すると、作家さんが戻ってきました。
なるほど、こういう方だったのですね。
この絵が好きなことをお伝えしました。
その交流の時間も楽しかったです。


IMG_4911.JPG

インスタレーション傾向の作家も何人か。
なかなか小さいスタジオで魅力を出すのは難しいですが、おもしろい空間になっていました。


IMG_4852.JPG

黙々と制作を続けるオイルペイントの作家さん。


IMG_4926.JPG

服のデザイナーもいます。


IMG_4927.JPG

作品と作家。
作家さんもお人形みたい。


IMG_4921.JPG

寛いでおられたのに、カメラを向けるとわざわざ立ってポーズをとってくださいました。
さわやかな笑顔とは裏腹に、作品は暗くて重くて痛い感じ。
おもしろいなあ。


作家さんとコミュニケーションをとれる楽しさがいっぱいでした。
次回もそんなお話を。


つづく・・・・。

posted by アートみて歩き at 17:44| Comment(0) | Sのみて歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: