2015年08月04日

【Art Trail アートトレイル2015】(4)

【Art Trail アートトレイル2015】(4)

R0236666-12.jpg

築何百年という馬小屋、そうは見えないところがすごい。


R0236648.JPG

飾られている作品よりも、この古い古い梁に目が釘付けです。


R0236645.JPG

R0236661.JPG

外で見まもりをしているこの家のオーナーさんに、お願いしてみました。
「あのー、あっちの小屋も見学してもいいですか?」
「いいよ!」


IMG_4110.JPG

その小屋がこれです。
とても大きな農具小屋です。


R0236663.JPG

入り口の大きさから、大型トラクターでも入れそうです。
でも、この大きさはトラクターの為ではなさそうです。
だって、築400年ぐらいだそうなのです。
「400年?」何度も聞き返しました。


IMG_4112.JPG

びっくりするくらい美しい梁です。
今はここで、村のイベントやダンスパーティが行われるホールとなっています。
「昨夜も40人ほどでダンスパーティだったよ。
 だから、まだワインの瓶が残っているんだ」
照明までつけて、説明してくれました。


IMG_4103.JPG

「あの船底は何のオブジェですか?」
「誰も知らないくらい昔からあそこにあるんだ」

もう、ステキすぎます。
こうやって、古い建物は、たとえ倉庫であろうと馬小屋であろうと、
時代を超えて、その時代に合った使い方をする。
そこに、街並みや景観は守られていくのだな、と思いました。

そして、誰もこうした建物を使ってアート祭をすることに必死でない。
発案した人も、賛同する人も、今ある状況をごく自然に活かしてイベントをする。
私は、いつもイギリスに来て思うのは、そうした社会の姿勢です。
単なる「地震の国」と「そうでない国」の違いだけでないような気がします。



つづく・・・・。

posted by アートみて歩き at 16:59| Comment(0) | Sのみて歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: