2015年07月29日

【Art Trail アートトレイル2015】(1)

Sです。
こんにちわ。

この春にイギリスでさまざまなエキシビションを観てきました。
何回かに分けてお伝えしていきますね。


【Art Trail アートトレイル2015】(1)

R0236484-4.jpg

私が最初にアートトレイルをみたのは、2008年でした。
イギリスの農家の庭の写真を撮らせてもらっていたとき、
ギャラリーに改装したその家の農具小屋で、絵画や工芸品を展示&即売をしている場面に遭遇しました。
とってもすてきでした。

家に帰って「Art Trail」を調べましたら、ヨーロッパを中心に広まっている企画でした。
ブリストルに住む友人も、「私たちの町でもしているわ」と言っていましたから、
まちを利用したアート展示は、日本に限らずポピュラーになってきている流れを感じました。



車や自転車で旅をしながらアート作品を観て回る・・・というコンセプトに、
このイギリスの地方でもぴったり合っていました。

img-729122803-3.jpg

「アートトレイル」の出会いが、「木津川アート」を提案したことのきっかけでしたが、
あれから7年、木津川アートも6年目を迎えました。

8回目を迎えたこの地方(South & West Wiltshire)のアートトレイルを
今回、久しぶりに廻ってみました。


R0236469-5.jpg

このようにまわりは牧草地や畑ばかりの地方です。
アバウトなマップと、この小さな黄色い看板が目印。
探し出す楽しみも、アートトレイルならではの醍醐味と言えます。


R0236576-1.jpg

道に広告看板がほとんどない田舎の風景に、独自に作られた看板は目立ちます。
でも、こういう例はマレで、ほとんどは小さな黄色い看板が目印です。




展示会場がどんなたてものを利用しているかといいますと、
この地方では、農家の倉庫が多かったです。


R0236503-6.jpg

茅葺きの築400年の古民家では、台所を展示会場にしていました。



R0237148-7.jpg

元宣教師舘を自宅&アトリエに改装したスタジオ。



R0236307-8.jpg

「ビレッジホール」いわゆる公民館。



R0236625-9.jpg

こちらも同じく公民館。



IMG_3995-10.jpg

駅前にある元パブ。
落ち着いた色に塗装し直したり改修して、
作家はこの2階を借りて生活しているとのことでした。



R0236302-11.jpg

町(と言っても、パブと数件のお店が並んでいるだけの村の中心部だけど)の
インテリアショップも、今回展示会場でした。



R0236666-12.jpg

見た目は綺麗ですが、こちらも築何百年という馬小屋。後ほど紹介します。



R0236473-17.jpg

自宅ガレージというのもありました。



IMG_4020-13.jpg

圧巻だったのが、農家の農具小屋。
きっと大型農機を入れていたのでしょう。扉も通常の2倍はあるほどの天井の高さ。
それ以外の倉庫も感じよくギャラリーにしていました。


次回は作品展示模様をお伝えします、
つづく・・・・。


posted by アートみて歩き at 17:01| Comment(0) | Sのみて歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: