2015年04月09日

アートみて歩き パラソフィア(2)

さて、今回京都市美術館で見逃せないのは、
建築としてのおもしろさを十二分に表現している点です。
たてものレポートをお届けします。


        ●


普段見られない地下室が、展示会場として公開されているのが、近代建築ファンにはたまらない。

R0229878-1.jpg

もともと下足室(荷物預かり・クローク)としての場所だったようだが、
進駐軍に使われていた時期の名残をドアに見つけ、それがまるで作品に匹敵するくらいの強さで迫ってくる。

R0229890-1.jpg R0229893-1.jpg

京都市美術館のアーカイブスとなる地下空間と、作品展示空間と2カ所あるのでご注意を。

特に感動したのは、京都市美術館の歴史をたどれる地下展示。
昭和8年竣工までの、公募設計図案や、建築風景など、こんなすばらしい記録を見られるとは!!!
京都アンデパンダ展の変遷もスライドショーで楽しむ。
筆者も1983年頃京都アンデパンダ展に出展した思い出があり、この素晴らしい歴史に関われた幸せを感じた。
現在芸大の卒業制作展も多く行われる京都市美術館だが、
若い作家にとってこの伝統ある建物での経験は、何物にも代え難い宝物になるはずだ。

R0229957-1.jpg

さらに、普段は閉じられている2階テラスにも特別に出られる。
どころか、今回の為に椅子や踏み台(テラスの囲いが高くて外の景色が見づらいため)も設置し、
たてものとしても大いに楽しんでもらおうという制作側の意図が伺える。
東山方面の景色も見ながら、建物の装飾にも目を向けよう。

R0229912-1.jpg

R0229907-1.jpg

R0229914-1.jpg

楽しむと言えば、東側庭に通じる出入り口も開放。
なんと特設のカフェとワインバーができていた。
歩き疲れた体と目を休ませる場所が、暗いロビーでなければいけないはずはない。

R0229923-1.jpg

日本庭園を見ながら珈琲を味わえるこの開放感!
こんな京都市美術館なら、建物を楽しむために季節の変わり目に何度も来たくなる!

R0229916-1.jpg

国際芸術祭の感想にしては横道に逸れるが、それにしてもパラソフィアをしてもらってよかった!とつくづく思う。
そう、改革しなければいけないのは作家ばかりではない。それを見せる側の意識改革も必要なのだ。

R0229865-1.jpg R0229900-1.jpg

近代建築をじっくり楽しめる美術館として大好きな場所であったが、
パラソフィアによって、さらにお勧めの場所と変身していることをお伝えします。

次回は、その他の会場をご紹介しますね。

R0229929-1.jpg

特設のミュージアムショップも楽しいよ。
1階のこのエリアは、チケットがなくても入れることは入れますが、
ぜひ展示会場もご覧ください。

posted by アートみて歩き at 17:10| Comment(0) | Sのみて歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: